【不倫している人必読!】不倫小説の名作8選

不倫

不倫をしていると相手が家族と過ごす時間には連絡をしないようにするなど、独身同士の恋愛よりも一人の時間が増えがちです。

ここでは、不倫をしているあなたに読んで欲しい、不倫を題材にした小説を8作品紹介します。

 

紙の月

著者:角田光代
出版:ハルキ文庫
2014年には宮沢りえ主演で映画化もされた衝撃の傑作長篇小説です。

あらすじ

専業主婦の梨花。
彼女は夫との間には子供ができず、ほんの少しの微妙な違和感を感じるものの、何不自由ない生活を送っていた。
友人の亜紀に子供ができたことがきっかけで心境の変化が起こり、銀行にパートに出ることに。
梨花は真面目な働きぶりを評価され、契約社員になり以前にも増して仕事のやりがいを感じていく。
そんなある日、顧客の孫である光太と出会い関係を持つようになる。
光太に借金があることを聞いた梨花は、何とかしようと思い不正を働く。
だが、次第に純粋だった光太が変わっていき、他に女を作り梨花の元から羽ばたいていこうとする。。。
そして不正は積み重なり。。。

残りの雪

著者:立原正秋
出版:新潮文庫
男女の宿命的な愛と性愛を鮮烈に、そして美しく描いた作品です。

あらすじ

理由も分からず突然夫が蒸発した里子。
子供を連れて実家の鎌倉に帰り、理由なき別れに苦しむ日々を過ごす。
傷心を抱えて骨董屋で働き始めた里子は、会社社長で骨董の目利きでもある既婚者の坂西浩平と出会う。
お互いに惹かれ合っていく里子と坂西。
美しい鎌倉を舞台に2人の愛は激しく美しく燃え上がる。

東京タワー

著者:江國香織
出版:新潮文庫
2004年に黒木瞳・V6の岡田准一共演で映画化された、二組のカップルを描いた恋愛小説です。

あらすじ

大学生の透は母と二人で東京タワーの見えるマンションに住んでいる。
透は17歳の時に知り合った、詩史という既婚者の女性と不倫関係にあった。
透の親友である耕二は由利というかわいい彼女がいるが、透と同じく既婚者の喜美子に夢中だった。
夫のいる年上の女性と二人の大学生。東京タワーが見守る街で、二組の恋人たちが繰り広げる長編恋愛小説。

恋愛中毒

著者:山本文緒
出版:角川文庫
2000年には薬師丸ひろ子主演でドラマ化もされた衝撃の恋愛小説です。
物語を読み進めていくうちに驚愕の展開が待ち受けます。

あらすじ

水無月は愛してやまない夫と離婚し、もう二度と人を愛さないと誓う。
しかし、長年ファンだった作家の創路と出会い不倫の恋へと突き進んでいく。
だが、水無月にはある秘密が。。。

ダブル・ファンタジー

著者:村上由佳
出版:文春文庫
2018年に水川あさみ主演でWOWOWにて連続ドラマ化された、長篇小説です。
その内容や大胆な性描写で話題になりました。

あらすじ

35歳の美人脚本家・奈津。
彼女は夫との生活に不満を持ち、尊敬する男性からの誘いを受け別居を決める。
今まで抑圧されていた、人一倍強い性欲。女としてまだ間に合う間に、どれだけ身も心も燃やし尽くせる相手に出会えるだろう。。
目の前に次々と現れる男達、セックスの達人、自らの欲望。もう止められない。。。。

孤独で優しい夜

著者:唯川 恵
出版:集英社文庫
好きな男を奪われた女性の略奪愛を描き、この作品においては誰が読んでも「不倫=不貞」という概念が当てはまらない衝撃作です。

あらすじ

ずっと好きだった会社の先輩入江と親友美帆の結婚披露パーティーの夜、やるせない気持ちを抱えて粧子は痛飲する。
苦しい気持ちを抱えながら仕事を続けてはいたが、あるきっかけで実は入江も粧子のことが好きだったということを知ってしまう。
そして、間を取り持つはずだった美帆が二人を騙していたことも。。。
粧子にとってこれは「不倫」ではなかった。本来自分のものだった「愛」を取り戻すこと。
略奪愛の行方は?愛を取り戻すことはできるのか?

真昼なのに昏い部屋

著者:江國香織
出版:講談社文庫
中央公論文芸賞受賞作。真面目な主婦が近所に住むアメリカ人と不倫の恋に落ちていく日常を描いた作品です。

あらすじ

会社社長の夫・浩さんと大きな家に暮らす美弥子さんは、家事もしっかりこなし「自分がきちんとしていると思えることが好き」な普通の真面目な主婦。
大学の先生でアメリカ人のジョーンズさんはそんな純粋な美弥子さんに惹かれ、一緒に近所に出かけるようになる。
気付くとジョーンズさんのことばかり考えている自分がいた。「私、世界の外へでちゃったんだわ。」
そして二人の関係は深いものになっていく。

不機嫌な果実

著者:林真理子
出版:文春文庫
「不倫」という男女の愛情の虚実を醒めた視点で描いて一大社会現象を巻き起こし、ドラマ・映画化もされた作品です。不倫小説の最高峰といっても過言ではありません。

あらすじ

結婚6年目、32歳の水越麻也子。
夫の航一からは愛情を感じられず、ベッドで誘っても拒絶される日々。
昔の男に連絡を取り、関係を持つも満たされない日々が続く。
そんな折、麻也子の前に年下の音楽評論家という男性が現れる。
時間をかけて彼を虜にする麻也子。
そして「結婚しよう」、彼からの猛アピールに麻也子の取った行動とは。。。

 

コメント