不倫相手の彼の奥さんが子供を出産したときにあなたがすべきこと

不倫

「彼は自分のことだけを愛しているはず。」
不倫とはいえ、普段きっとあなたはそう思っていることでしょう。

それなのに彼の奥さんが子供を出産したと聞かされたとしたら、ショックを受けたり、驚いたり、悔しさに似た何とも言えない気持ちに襲われることでしょう。
もしかしたらそのことで悩んでしまうかもしれません。

では、そんなときあなたはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、不倫相手の彼の奥さんが子供を出産したと聞かされた時、あなたが取るべき行動や考え方について説明します。

 

別れるか関係を続けるか考える

まずあなたが考えるべきこと、それは彼との不倫関係を解消するか、それともこのまま不倫関係を続けるかということです。

彼との不倫関係の中で、彼があなたのことを「愛している」と言ったことももちろんあるでしょう。
家庭内の不和をあなたに愚痴っていたこともあるかもしれません。

何より、あなたと肉体関係がありながら、実は家では奥さんとも関係を持ちながらだったということがやはりショックだと思います。

結婚している事実はどうしようもなくても、女性からしたら今愛してくれているのは自分だけという気持ちになるのは当たり前です。

その彼と不倫関係を続けたいのかどうか、続けられるのかどうかということを考えなくてはいけません。

あなたが気持ちに折り合いを付けられなくて、別れを決断するのもしょうがないでしょう。

反対にどうしても彼との関係を解消することができない、そう思うこともあると思います。

まずは彼との関係をどうするか、あなた自身で決断する必要があります。

関係を続けるにしても、一度あなたが今後どうしたいかという気持ちは彼にしっかりと伝えましょう。
何も言わずにズルズルと関係を続けるだけでは、あなたは彼にとってただの都合のいい女になってしまいます。

あなたの気持ちをしっかりと伝えて、彼の反応を見てみましょう。

もちろん、子供が産まれたことによって彼の方から別れを告げてくる可能性もあります。

いずれにしても、今後の彼との関係をどうしていくかを決める必要はあります。

関係を続けるにしてもあなたには覚悟が必要になってきますので、次の項からは不倫関係を続けると決断した場合にあなたがするべきことについて解説していきます。

 

不倫を続けるなら相手の子供を恨まない

自分と同時進行で彼が奥さんと肉体関係を持ち、その結果産まれた彼の子供。

それを知った時のあなたの気持ちは容易に想像がつきます。
間違いなく辛い思いをしているでしょう。

奥さんとは「もうそういう関係じゃない」と言われていたかもしれません。
「奥さんとは別れる」と言われていたかもしれません。

「その子供さえいなければ」
そう思っても当たり前ですが、子供や奥さんを恨んではいけません。

産まれた子供に罪は無いのは当たり前です。奥さんにしても然りです。

何より、世間的にはあなたは浮気相手なのです。

それをしっかりと自覚して彼との関係を続けていかないと、その関係はどこかで破綻してしまいます。
もしあなたの存在が知れてしまったら、彼との関係が終わる可能性は高く、それどころか慰謝料の請求など面倒なことがあなたの身に降りかかるでしょう。

あくまで彼を手に入れるまではあなたは表に出てはいけないのです。

 

不倫を続けるなら家族優先になることを覚悟する

子供が産まれれば、しばらくの間は育児がとても大変になることは知っていると思います。

夜泣きはもちろんのこと、ミルクやおむつの世話などやることはいっぱいあります。
それに加えて彼は子育てをする奥さんのケアもしなければなりません。

たとえ二人目、三人目の子供だったとしても、彼にはやることがたくさんできるのです。

あなたは複雑な気持ちになるとは思いますが、これはどうしても避けて通れないことなのです。

ただでさえ不倫がバレないように彼が家庭を優先させることも多いでしょうが、さらに家庭優先になることは覚悟しておかなければいけません。

その覚悟がないと、ストレスが溜まるばっかりで何もいいことはありません。
彼が今以上に家庭優先になることはしょうがないと覚悟しておきましょう。

 

不倫を続けるなら一度は奥さんの立場で物事を考えよう

彼に子供が産まれて、それまで以上に家庭を優先するようになるとあなたはきっとこう思うでしょう。

「彼に会えなくて寂しい」
「彼と一緒にいられないのが辛い」
「どうして私ばっかりこんな目に会うの」

もっと過激なことも思うかもしれません。
その気持ちは分かりますが、それでもできるだけ心の平静を保たなくてはいけません。

苛立ちや焦りを彼にぶつけても、彼との距離が離れてしまうだけなのです。
最悪別れを切り出されてしまうこともあるでしょう。

さらに言えば、不倫の恋で心を病むなどとてももったいないことなのです。
元から不倫というハンデがあるのです。
彼の奥さんというライバルがいるのは知った上での恋愛なのです。

難しいとは思いますが、あなたも一度奥さんの立場で物事を考えてみてはいかがでしょうか。

幼い子供が産まれたばかりで、旦那の助けも必要なのです。
毎日子供の世話をして疲れてクタクタになっています。

そんな時に他の女性と旦那が自分の知らないところで密会している。
自分が知らない女性に旦那が「愛している」とささやくのです。
しかも奥さんはそれに気づいていないとしたら?

奥さんは知ったらとても傷つくでしょう。
当たり前です。そんなことも知らずに旦那の子供を産んだのですから。

どうでしょう?
ちょっと意地は悪いかもしれませんが、自分の立場がちょっと変わった気持ちになりませんか。

 

不倫を続けるなら奥さんと子供の不幸は願わないでいよう

もしあなたが彼と一緒に幸せになりたいのであれば、彼の奥さんと子供の不幸は願わないように心得てください。

他人の不幸を願う人は女性男性関係なく、付き合っていると負の発言や負のオーラを感じてしまうものです。
もしあなたがそうなってしまったら、彼もあなたと一緒にいてそういったことに気付いてしまうでしょう。

自分の家族にあからさまなネガティブな気持ちを持っている女性に魅力は感じません。
男性側の身勝手な言い分かもしれませんが、それが不倫をするということなのです。

なにも彼の家庭を応援しろと言っているわけではありません。
彼が幸せになるためには私と一緒になるのが一番良い。そして私もそれが幸せなんだ、と思っていればいいのです。

人の不幸を願うよりも、自分が幸せになるにはどうすればいいのか、自分の大事な人を幸せにするにはどうすればいいのかということを考えながら過ごしていきましょう。

 

不倫相手の彼の奥さんが子供を出産したときにあなたがすべきことまとめ

ここまで不倫相手の彼の家庭に子供が産まれたときに、あなたがするべきことについて説明してきました。

あなたが彼と不倫関係を続けようと思うのであれば、いずれは彼と一緒になりたいという気持ちが少なからずあるのではないでしょうか。

そうであれば、あなたは魅力的な女性であり続けなければいけません。

あなたは相手の不幸を願うのではなく、彼と自分がどうやって幸せになろうかと考えるべきなのです。

彼の奥さんや子供へネガティブな気持ちを持つことはある意味しょうがないですが、ここに挙げたことを実践してみてください。

それが、あなたが幸せになるための一つの方法なのです。

コメント