同棲していて別れた元恋人と復縁は可能?復縁するための方法とは?

復縁
【復縁成就】彼の本当の気持ちを知りたくありませんか?

復縁をしたいけど、自分ではなかなか進展がなくて困っていませんか?
自分ではなかなか復縁が難しいと感じているのであれば、一流の占い師が彼の気持ちを占います。

「uraraca(ウララカ)」は一流の占い師に相談できる占いアプリです。
電話相談はなんと初回2400円分が無料!
あなたの復縁成就はこのアプリをインストールするところから始まります♪

App Storeでインストール
 

Google Playでインストール

PR:and factory, Inc

同棲していた恋人と別れてしまった。
けれども、忘れることができない。
やっぱり復縁したい。

戸籍上は夫婦ではなくても、同居をしていた相手ですから、同棲が解消されてしまえば寂しさや悲しさに襲われてしまうのも当然です。

「復縁したい!」そう思うのも、ある意味当然でしょう。

しかし、そこまで深く付き合って別れたからには復縁するにも普通の恋愛よりも難しいと感じてしまいがちです。

たしかに、深い付き合いだったからこそ、覚悟を持って別れます。
復縁はそんなに簡単ではありません。

でも、反対に言えば一緒に住むほど深い付き合いだったからこその復縁のやり方があるのです。

同棲していた元恋人と復縁ができるのか?
復縁するための方法は?

これから紹介していきます。

 

同棲からの復縁はできる

同棲を解消するくらいですから、別れの理由はそんなに簡単なものではないでしょう。
「また付き合うのは無理なのでは?」そう思ってしまう方も多いと思います。

しかし、同棲を解消して別れたからといって、それで終わりというわけではありません。
100%ではないですが、正しいやり方をすればまた元彼・元カノと復縁することは可能です。

ただし、覚えておいて欲しいこともありますから、これから挙げる2点については忘れないようにしてくださいね。

同棲別れからの復縁=結婚も視野に入る可能性が高い

同棲をするということは、どこかで結婚を考えますよね。
付き合っていた時も二人の頭の中には、「結婚」というキーワードが浮かんでいたと思います。

1度目の同棲は実際に一緒に住んでみて、お互いに上手くやっていけそうか、上手くやるためにはどうするかということを考えながら生活をしていたでしょう。

しかし、2度目の同棲はお互いの良いところ・悪いところはもちろん、二人で生活するとどうなのかということも分かっています。
当たり前のように「結婚」というものを意識しながらの復縁になります。

2度目の同棲をする場合には、「復縁=結婚」ということを意識していなければ、言い方を変えると「覚悟」していなければうまくいかないでしょう。

同棲別れからの復縁には冷却期間を置くべき

同棲していて別れた場合、復縁するためには冷却期間を置くべきです。
ただ、冷却期間といっても一概にどのくらいとは言えません。
同棲していないカップルが復縁する場合、大体3ヶ月~6ヶ月くらいが理想と言われています。
しかし、これも二人の関係性によります。

冷却期間を作る目的としては、

・気持ちを落ち着かせてお互いのことを冷静に考える時間を作る
・あなたへのマイナスイメージを薄れさせる
・復縁の準備(別れの原因の改善や自分磨きを行う)をする時間を作る

上に挙げた3点が主な目的です。

同棲していた場合には、色々な悪い面をたくさん見られている分、冷却期間を長く置いた方がいいと思われがちです。
ですが、実は一緒に住んでいた分、相手がいなくなってしまったことに対する寂しさの方が大きい場合の方が多いのです。そして、その寂しさは結構早く訪れます。

お互いに置かれている状況や、別れの原因にもよりますが、同棲していた場合にはそんなに長い時間冷却期間を置く必要はないと思います。

 

同棲別れから復縁するための方法

ここからは、同棲を解消した元恋人と復縁をするための方法について説明していきます。

別れた原因を考える

復縁を望むのであれば、まずは別れた原因をしっかりと考えて把握しましょう。

冷静に考えることで、復縁するために何をすれば良いのかということがハッキリしてきます。

・よくケンカをした理由
・一緒に住んでいて上手くいかなかったこと
・別れる直前や別れる時に相手に言われたこと

これらを今一度思い出してみましょう。
箇条書きにして書いてみるとより効果的です。

自分に原因があること、相手に原因があることもあるでしょう。
少なくとも自分に原因があることについては、どうやったら改善できるのか?を考えることによって復縁や復縁後の生活がスムーズにいくでしょう。

相手に原因があることについても、本当に自分は譲歩することができないのか?
そこまでなら許容できるのか?

しっかり考えることが後々に良い結果をもたらします。

自分の悪かったところを反省する

別れた原因を考えると、お互いの悪かった部分や良かった部分が浮き彫りになってくるでしょう。

自分が悪かった部分というのは、復縁のアプローチをするまでにあなたが直す部分です。

人によっては多くの悪かった部分があったり、すぐには直せないというものが多いでしょう。
すぐに直せるようなものなら、同棲していた時にも指摘されて改善されているはずなので当たり前ですよね。

「これは直すのしんどいな」と思うこともたくさんあるでしょうが、そんな時は復縁が叶ってまた二人で楽しく過ごしている未来を想像してください。
きっとそれがあなたの力になるはずです。

自分の悪いところも書き出したり、いつも目に入る場所に貼ったりして常に自分で意識できるようにしておきましょう。

自分磨きをする

これは自分の内面・外見を徹底的に磨くということです。

どんな人でも外見が整っている異性には魅力を感じますし、内面的に素晴らしい異性・自分と性格が合う異性に対しても同様です。

ただし、初めて会う相手と違い一度付き合った相手、しかも同棲までした相手をドキドキさせようと思ったら相当の努力が必要です。

男性なら体を鍛えてみたり、髪形を全然変えてみたり、ファッションを大人っぽくしてみたり。
女性なら見た目で分かるくらいのダイエットをしてみたり、メイクを変えてみたり、髪形をロングからショート、もしくはショートからロングにしてみたり。料理教室に通ってみるというのもいいでしょう。

とにかく以前の自分と「ギャップ」を出すことが重要です。

ある程度の冷却期間を置く

これはすでに説明した通りですが、ある程度の冷却期間は置いた方がいいでしょう。

・気持ちを落ち着かせてお互いのことを冷静に考える時間を作る
・あなたへのマイナスイメージを薄れさせる
・復縁の準備(別れの原因の改善や自分磨きを行う)をする時間を作る

重複しますが、上に挙げたことが冷却期間を作る主な目的です。

冷却期間は人それぞれ違います。
二人の関係性を加味して、2週間なのか、1ヶ月なのか、それとも3ヶ月なのか、はたまた半年なのかを判断してください。

気を付けなければいけないのは、あまりに冷却期間を置きすぎると相手に新しい恋人ができてしまう可能性が高まります。

すでに上で説明した通り、同棲していた場合にはそんなに長い冷却期間を取らなくても大丈夫でしょう。

復縁を切り出すタイミングを焦らない

冷却期間を置いて、自分の悪いところも反省したし、自分磨きも頑張った。
その次にやることは、「じゃあ告白して復縁を切り出そう!」ではありません。

復縁はそんなに簡単ではありません。
まずは連絡するキッカケを作りましょう。

例えば、

・クリスマス
・大晦日
・お正月
・バレンタイン
・ゴールディンウィークや夏休み
・2人の記念日
・誕生日

これらは二人の思い出がたくさんある日ではないでしょうか?

このような、「別れた相手のことを思い出しやすい時期」や「恋人が欲しいと思う時期」を狙って連絡してみてください。

それをキッカケにして、連絡を取り合い相手の状況を把握することが、まずあなたがやるべきことです。

あとはタイミングを見計らって復縁を切り出してみてください。
しっかりとあなたがここに挙げたようなことを実行していれば、復縁の確率は上がっているはずですよ。
自信を持ってくださいね。

 

同棲していて別れた元恋人と復縁は可能?復縁するための方法とは?まとめ

一緒に暮らしていた相手がいなくなるというのは、どうしようもない寂しさや喪失感を感じるものです。

すぐにでも復縁したいと思うのは当然ですが、いきなり復縁を持ち掛けても成功確率は低いでしょう。
将来に対する覚悟を持ち、しっかりと準備をして、タイミングを見計らって実行に移すことが大切です。

是非参考にしていただき、復縁を実現してもらえれば幸いです。

不倫復縁.netおすすめ記事
復縁を叶えるための近道とは?復縁の可能性を高める方法とは?忘れられないあの人と復縁を叶えた人が読んでいる記事を紹介します↓

不倫復縁.netおすすめ記事
復縁を叶えるための近道とは?復縁の可能性を高める方法とは?忘れられないあの人と復縁を叶えた人が読んでいる記事を紹介します↓

復縁
不倫・復縁.net編集部をフォローする
不倫・復縁.net

コメント