不倫関係にある2人が別れと復縁を繰り返しやすい理由

不倫
【復縁成就】彼の本当の気持ちを知りたくありませんか?

復縁をしたいけど、自分ではなかなか進展がなくて困っていませんか?
自分ではなかなか復縁が難しいと感じているのであれば、一流の占い師が彼の気持ちを占います。

「uraraca(ウララカ)」は一流の占い師に相談できる占いアプリです。
電話相談はなんと初回2400円分が無料!
あなたの復縁成就はこのアプリをインストールするところから始まります♪

App Storeでインストール
 

Google Playでインストール

PR:and factory, Inc

不倫恋愛は独身同士の恋愛に比べて、別れてすぐに復縁したり、その後また別れたりの繰り返しが多いです。

なぜ別れと復縁が多いのでしょうか?

ここでは、不倫関係にあるカップルがなぜ別れと復縁が多いのかについて考察していきます。

2人の関係の終着点が結婚ではない場合が多いから

独身同士の恋愛の場合、ある程度の年齢であれば最終的に二人の行き着く先として「結婚」を意識します。

結婚とは二人で長い人生を共に歩んでいくことですから、「我慢をする」という意識が芽生えます。

多少相手にイライラしたり、喧嘩をしてしまったりしても、「この程度で別れていたら結婚なんてできない」という考えになります。
反対に「どうすればうまく修復することができるか」ということを考えるようになるでしょう。

長年連れ添っていくためには、どうしたらいい結果をもたらすかという考えが行動のもとになるのです。

不倫の場合は状況が違います。
結果として不倫関係から結婚に至るという人たちもいますが、はじめのうちは特に最終的な目標がないことがほとんどです。
自分の感情のおもむくままに付き合い始めた、というケースがほとんどでしょう。

ですから、相手の価値観と自分の価値観が合わない、自分の求めているものと相手が与えてくれるものに乖離がある、などということが分かったときには「一緒にいる意味がない」という判断をしてすぐに別れというものを意識するようになります。

結婚を意識しない割り切った関係であるからこそ、別れの決断も早く下すことができ、反対に復縁に対しても同様に「相手が求めるならいいかな」という感じでドライに判断を下すことができるのです。

「不倫」という一般的には特殊な恋愛を経験している二人だからこそ、独身同士の恋愛とは違う感覚を持っているといえるでしょう。

次の相手を見つけるのが簡単ではないから

独身同士の恋愛であれば、別れたとしても本人が頑張れば次の相手はすぐに見つかる可能性はあります。

ですが、片方が既婚者だったり既婚者同士のカップルだった場合、既婚者はすぐには次の相手を探そうと思ってもできるものではありません。
既婚者の誘いにほいほい付いていく独身者はそうはいないでしょう。
よっぽどオーラを出しているとか、有名人とかなら別でしょうが。

そうなると、寂しさや人肌のぬくもりが欲しくなった時に、一番最初に思い出すのはこの前まで付き合っていた相手ということになります。

既婚者は独身者に比べて異性に対しての選択肢が少ないですから、元恋人に復縁を持ち掛けることが多くなるというわけです。

元々刺激を求める素質があるから

不倫という世間の倫理観の範疇の外にある行為をしているわけですから、不倫をする人というのは元々刺激を求める傾向にあるといってもいいでしょう。

平坦な人生が嫌だというわけではないでしょうが、いい事でも悪いことでもドキドキ感やスリル感を味わえるようなことを好むということです。

男女の別れや復縁も同じように、自分の気持ちを波立たせるものですから、本人たちはそれをストレスだと感じていても本能的にはそれを求めている可能性が高いのです。

中毒と言ったら言い過ぎですが、不倫関係にある男女は刺激が好きな人が多いのではないでしょうか。

性欲に負けてしまうから

不倫関係にある男女は、付き合うきっかけが性欲だという場合が少なくありません。

そもそも男女が付き合うということはお互いの性欲が働くものですが、特に既婚者の場合は奥さんや旦那さんでは満たしきれない性欲のはけ口を求めて不倫をするという場合が多々あります。

この場合、お互いを求めるペースが合わなくなったりすると、別れるもしくは距離を置くという選択肢が出てきます。

しかし、お互い離れているうちに猛烈に相手を求める気持ちが高ぶってきたとしたら。。
「また付き合う」という選択肢になるわけです。

男女の恋愛において、なかなか表立っては言えませんがセックスとはとても重要なものです。
特に、子供を作るつもりはない不倫の様な恋愛だとなおさらなのです。

不倫関係にある2人が別れと復縁を繰り返しやすい理由まとめ

ここまで不倫関係のカップルが別れと復縁を繰り返しやすい理由について、分析と解説をしてきました。

結婚を意識している男女は、何かの結論を下すにもよく考えて我慢できることは我慢したり、どうにか二人の折り合いをつけて一緒に過ごしていける方法を探します。
相手に対する責任もあるので、一つ一つの決断が重くなり、別れや復縁を繰り返すことは少なくなるのです。

不倫関係にある男女は、基本的には自分の欲求を相手が満たしてくれるかという、自分都合で考える場合が多いので、もし自分の意にそぐわないとなると別れたり、やっぱり必要だと思ったら復縁したりという感じで立ち回ることが多いのです。

これはどちらが良くてどちらが悪いというものではないでしょう。
人は誰でも自分が幸せになれるための動き方をするので、結婚を考えている人はその人なりの行動をしますし、不倫を楽しんでいる人もまたしかりです。

どちらかというと不倫の恋愛の方が、「将来の結婚」というものに縛られないため自由度が高く、別れと復縁を繰り返す率が高いのかもしれません。

コメント