復縁のためには冷却期間って本当に必要なのか?

復縁
【復縁成就】彼の本当の気持ちを知りたくありませんか?

復縁をしたいけど、自分ではなかなか進展がなくて困っていませんか?
自分ではなかなか復縁が難しいと感じているのであれば、一流の占い師が彼の気持ちを占います。

「uraraca(ウララカ)」は一流の占い師に相談できる占いアプリです。
電話相談はなんと初回2400円分が無料!
あなたの復縁成就はこのアプリをインストールするところから始まります♪

App Storeでインストール
 

Google Playでインストール

PR:and factory, Inc

復縁という言葉を検索すると、必ずと言っていいほど「冷却期間」という言葉が出てきます。

冷却期間って本当にそんなに大事なのでしょうか?
「鉄は熱いうちに打て」という言葉があるように、「冷却期間なんか置かずに別れた直後に猛アプローチした方が良いんじゃないか?」と思う人も大勢いるのではないでしょうか?

しかし、よく見る言葉だということは、やはりちゃんと意味のあることなのです。

冷却期間がもたらす効果や相手へ与える心理的影響等、今一度復縁における「冷却期間」というものについて詳しく解説していこうと思います。

 

なぜ復縁において冷却期間が重要視されるのか?

まずは、なぜ復縁において冷却期間が重要なのか知っておきましょう。

別れの原因を考えて改善するための時間にできる

忘れられない相手と復縁をするためには、まずは別れた原因をしっかりと考えて突き止めなければいけません。
そして、解決できることであれば解決しなければなりません。

別れた相手からすれば、別れの原因が改善されていない相手とは復縁など考えられないからです。

しかし、もし冷却期間を置かずにいつでも連絡を取ったりそばにいるような関係だったらどうでしょうか。
きっと原因解決よりも、盲目的に「ヨリを戻そう」という方に意識が向かってしまうはずです。

「復縁したい」という気持ちだけを一方的に伝えているようでは、お互いにストレスにしかなりません。
相手は断り続け、あなたはアプローチし続けて断られるだけなのですから。

お互いに冷静になる時間ができる

自分が望まない別れをすることになったら、きっと冷静にはなれないでしょう。

別れた後もしばらく苦しい思いをしながら考えることは、「話し合いをしたい」ということでしょう。

「別れた相手に謝りたい」
「誤解を解きたい」
「自分がどれだけあなたのことを想っているのか伝えたい」

このようなことを考えるはずです。

しかし、別れたばかりの相手なのです。
感情的になって、一方的にあなたの気持ちを伝えるだけでは逆効果になるだけです。
相手も感情的になってしまう可能性だってあります。

もし、上に挙げたようなことをあなたが思っているのであれば、それはすでに冷静ではありません。

辛いとは思いますが、一旦時間を置いて冷静になってから再度アプローチする必要があるのです。

今以上に嫌われないようにできる

よほどのことが無い限り、「大好きなのに別れる」「愛しているのに別れる」という選択をする人はいません。

少なくとも相手は、あなたのことを嫌いになった、いやなところがあった、そういった理由で別れを選んだはずです。
そして、別れた直後というのは意識して別れた相手を遠ざけようとしてしまうものです。

意識して相手を遠ざけるということは、あなたにわざと良い感情を抱かないようにしているということなので、感情的にはちょっとしたことで嫌われてしまう可能性が高いのです。
そんな時に、しつこく連絡をしてしまったり、自分の気持ちを一方的に伝えたり、そのようなことをしてしまうと別れた相手はあなたのことを嫌ってしまいます。

時間が経てば人の感情は変化をするものです。

好きな人には嫌われたくない。

これは万人に共通する感情です。そのためにも今は冷却期間を置くべきなのです。

 

冷却期間置くことによる効果とは?

それでは次に、冷却期間を置くことによる効果、特に相手の心理へどのような影響を与えるのかを挙げていきます。

自分が冷静だと伝えることができる

別れてすぐに頻繁に連絡をしてくる元恋人に対して、別れを切り出した方はどう思うでしょうか?

「ヨリを戻したいっていう話かな」
「何回断っても連絡が来て面倒くさいな」
「責められたりするのかな」

このように警戒心を持たれてしまっています。

最悪の場合は着信拒否やLINEブロック、携帯番号やLINEのアカウントを変更してしまうということだってあるでしょう。

そうなってしまえば、復縁のハードルは一気に上がります。

冷却期間を置くことによって、「自分はもうあなたにしつこく連絡したりはしません」という、自分は冷静だという無言のメッセージを相手に送ることができるのです。

相手があなたのことを冷静だと感じてくれれば、また連絡をしても変に警戒されることなく話をすることができるでしょう。

思い出が美化されるようになる

辛かった過去も後で思い出すと「いい経験だった」と言えるようになっていることってありませんか?

それと全く同じとは言いませんが、過去のことというのはだんだんと忘れられていき、思い出というのは美化されていくものなのです。

別れた相手も時間が経てばあなたのことを忘れていきます。
なんか寂しい感じもしますが、だからこそ復縁には近づくのです。

ふと相手があなたを思い出す時、よほどのことが無い限り時間が経てばあなたとの嫌な思い出よりも楽しかった思い出を頭に浮かべるようになるのです。

言い換えると、あなたとの嫌な思い出は消えていくのです。

あなたへの印象が以前よりも良くなっている相手の前に、冷却期間を置いている間に自分磨きをしてもっと魅力的になったあなたが現れたら?

冷却期間を置いてよかったと思えるはずですよ。

相手に寂しさを感じさせられる

別れた相手に寂しさを感じることなどあるのだろうか?
そう疑問に思う人もいるでしょう。

もちろん相手もすぐには寂しさを感じることはないでしょう。
最初は相手もフリーになった生活を楽しむかもしれません。

しかし、時間が経った時にふと思うのです。

・あなたと一緒に行った場所に訪れたとき
・あなたと一緒に話したこと
・あなたと相手との共通の趣味

こういった所に行った時・触れた時、相手はあなたのことを思い出します。
少しずつ「あの頃は楽しかった」と懐かしみ、寂しさを覚えるようになるのです。

過去を思い出して郷愁に浸るには時間がかかります。
このことからも冷却期間は大事だということは理解できるのではないでしょうか。

 

復縁のために冷却期間が必要な理由とは?まとめ

なぜ冷却期間が必要なのか理解していただけたでしょうか?

冷却期間というと、なんとなく「連絡を取るのを我慢する」「会うのを我慢する」くらいのものかと思っている方も多いと思います。

しかし、冷却期間を取る意味や期待できる効果はかなりのものなのです。

別れた相手といったん離れて一切のコミュニケーションを取らないという、勇気が必要な行動ではありますが、復縁するためには重要な選択肢の一つである冷却期間を置くということ。

復縁活動が上手くいっていない方、まだ試していない方は是非前向きに考えてみて下さい。

不倫復縁.netおすすめ記事
復縁を叶えるための近道とは?復縁の可能性を高める方法とは?忘れられないあの人と復縁を叶えた人が読んでいる記事を紹介します↓

不倫復縁.netおすすめ記事
復縁を叶えるための近道とは?復縁の可能性を高める方法とは?忘れられないあの人と復縁を叶えた人が読んでいる記事を紹介します↓

復縁
不倫・復縁.net編集部をフォローする
不倫・復縁.net

コメント