遠距離恋愛で別れたカップルが復縁するやり方

復縁
【復縁成就】彼の本当の気持ちを知りたくありませんか?

復縁をしたいけど、自分ではなかなか進展がなくて困っていませんか?
自分ではなかなか復縁が難しいと感じているのであれば、一流の占い師が彼の気持ちを占います。

「uraraca(ウララカ)」は一流の占い師に相談できる占いアプリです。
電話相談はなんと初回2400円分が無料!
あなたの復縁成就はこのアプリをインストールするところから始まります♪

App Storeでインストール
 

Google Playでインストール

PR:and factory, Inc

遠距離恋愛をしていて別れたカップルはどのようにしたら復縁できるのでしょうか?

近くにいれば共通の知人を介してなど、会う機会もあったりしてアプローチしやすそうですが、遠距離恋愛の場合はなかなかそうはいきません。

それに、物理的な距離の遠さを心理的な距離でカバーしている遠距離恋愛は、別れた後に引きずる確率が高いとも言われています。

この記事では、遠距離恋愛をしていて別れたカップルが復縁するやり方について解説していきます。

 

遠距離恋愛で別れてしまう理由とは?

まずはじめに、遠距離恋愛で別れてしまう理由について考えていきましょう。

近くにいる別の人を好きになった

遠距離恋愛の一番のデメリットは「相手が近くにいない」ということです。

近くにいないということは、当たり前ですが会いたいときに会えず、会えてもまた次に会うのは時間が経ってからということになります。

近くにいれば週に何回か、少なくとも1週間に1度は会うというカップルが多いのではないでしょうか。
それに比べると遠距離恋愛は会う回数が極端に少なくなります。

会えない時間というのは、想像に難くないですが寂しいものです。
その寂しさをいつの間にか近くにいる異性が埋めてくれた、なんていうのはありがちな話です。

人間は会う回数が多ければ多いほど、相手に好感を抱きやすくなるという習性があります。
これを「ザイオンス効果」、日本語では「単純接触効果」と呼びます。

遠距離恋愛の恋人となかなか会えないと、近くにいる異性を好きになって別れてしまったという話はよく聞きますが、科学的にも証明されていることなのです。

会えないことへの不満

初めから遠距離同士で付き合った場合であればすぐに会えないことは覚悟の上ですが、元々近くにいたのに仕事の転勤などで遠距離になってしまった場合には、今までのようにいかない二人の関係に不満が募ってきます。

仕事やプライベートのストレスなど、恋人と会えばそれだけで発散できていたこともできなくなります。

LINEや通話で連絡を取ることはできても、遠距離恋愛の場合は恋人と会えないことにだんだんストレスが溜まっていくのです。

そして、こんなに会えないのであれば付き合っている意味ってないのでは?と思い始めてしまうのです。

このような理由で別れてしまう遠距離恋愛カップルも数多くいるのです。

自然消滅

遠距離で会う回数が少なくなると、自然消滅するカップルもたくさんいます。

最初のうちはお互い定期的に連絡を取っていても、そのうちそれぞれの生活を優先し始めて返信が遅くなったり、返信を忘れてしまったり。

そのうち身近にいる異性に興味を持ち始め、その相手と会う回数も増えていき、遠距離恋愛中の恋人への興味・関心が薄れていく。。。

このようにして二人の関係が自然消滅していってしまうことも多々あるのです。

 

復縁するためにやるべきこと

ここからは、復縁するためにやるべきことについて順を追って詳しく説明していきます。

冷却期間を置く

復縁に冷却期間は欠かせません。

別れを選んだということには理由があり、そして多少なりとも相手に対するネガティブな気持ちもあるものです。

冷却期間を置くことによって、振られた方は別れた理由を分析する時間になります。
別れを告げた方には、相手に対しての気持ちを落ち着かせる時間になるのです。

自然消滅の場合も同様です。
自然消滅すると、二人のうち少なくともどちらかは気持ち的に相手に連絡をしずらかったりします。

しかし、時間が経てば連絡する余裕を持つことができ、お互い新たな気持ちで相手に接することができるのです。

冷却期間は最低でも3ヶ月は必要だと言われています。

もし相手に新しい恋人がいる場合は、最低半年~1年は冷却期間を置いた方が良いでしょう。

3ヶ月くらいだとまだ相手と新しい恋人との恋愛が盛り上がっている時期で、連絡をしても見向きもされない可能性があるからです。

半年~1年経てば二人の関係も落ち着いてきて、向こうもこちらからの連絡にレスポンスしやすくなっているのです。

冷却期間は復縁活動において絶対に必要なものだと心得てください。

外見の自分磨き

別れた相手と会っていない間にすることといったらまずは自分磨きです。

相手にダイレクトに分かって欲しいのであれば、まずは外見でしょう。

髪型を変えてみたり、メイクを変えてみたり、痩せてみたり、トレーニングをしてみたり、今までよりも魅力的な自分を次に会った時に見せるように心がけましょう。

男性も女性も第一印象の見た目は非常に大事です。

内面の自分磨き

外見だけではなく、内面の自分磨きも怠ってはいけません。

内面の自分磨きって言われてもどうすればいいの?そう思う人も多いと思います。

一番いい方法は今までしたことのない経験を数多くしてみるということです。

例えば、

・資格取得を目指す
・新しい趣味を始めて習い事に通う
・交流会などに積極的に参加してみる

このような事が挙げられます。

自分の生活を充実させたり、今まで会わなかったような色々な人たちと会えば、自然と内面を磨くことができるのです。

是非トライしてみてください。

冷却期間中はSNSで相手にアピール

冷却期間中は相手に会ったり連絡したりはできませんが、せっかく自分磨きをするなら見てもらいたいと思いませんか?

そういう時はSNSを活用しましょう。

付き合っていたのであれば何かしらのSNSは繋がっているはず。
実は相手もこっそり見ているものなのです。
だって、自分も相手がSNSに投稿したら見ますよね。それと同じです。

自分が今どれだけ輝いているか、何気なくSNSに投稿してアピールしてみましょう。

冷却期間が終わったらイベントきっかけで連絡してみる

十分な冷却期間を置いたら相手に連絡をしてみましょう。

連絡をするタイミングとして良いのは何かのイベントの時です。

例えば、

・相手の誕生日
・クリスマス
・お正月
・共通の友人に何かが起きた時

分かりやすいものでいえば上記です。

こちらも連絡をしやすいですし、相手もあなたから連絡が来ても悪い気はしないタイミングです。
このようなタイミングを図って実行に移してみましょう。

相談を持ち掛けてみる

連絡を普通に取れるようになったら、今度は相談をしてみましょう。

特に男性は相談を持ち掛けられて悪い気はしません。
今でも頼られているんだなと感じるからです。

ただし、あまりに重い相談事はしないようにしましょう。

付き合っているのなら分かりますが、付き合っていない状態で相手にもストレスがかかるような相談はNGです。

例えば、友達への誕生日プレゼントを何にしたらいいか?というくらいの気軽に答えを出せるような相談事にしましょう。

時には嫉妬心をあおる

やり取りが増えたら相手の嫉妬心を煽るのも効果的です。

嫉妬心を煽るためには、

・職場の人に誘われる
・アプローチされている異性がいる
・合コンに誘われる

このような内容をいやらしくなく相手に伝えてみましょう。

いつも通りの反応だったとしても、内心はちょっと嫉妬心が芽生えているはずですよ。

理由を付けて直接会う

最終段階としては、やはり直接会うというのが復縁活動の仕上げです。

連絡を普通に取れるようになってしばらく経ったら、直接会いましょう。

最初は仕事の出張があって近くに行くとか、結婚する友達に会いに行くんだけどその友達が近くに住んでるだとか、最もらしい理由を付けて会うようにしましょう。

「あなたに会いに行く」というよりは重くなく、相手が気軽に「会う」という返事ができるようにすることがポイントです。

一度会えれば、その後会う回数を増やすことはそんなに難しくありません。

ただし、上手くいく確信がない限り、最初の再開時にいきなり復縁を迫るのはやめた方が良いでしょう。

何回か会って関係を深めてからの方が成功率は上がるでしょう。

 

遠距離恋愛で別れたカップルが復縁するやり方まとめ

遠距離恋愛で別れたカップルが復縁をするためのやり方について解説してきました。

遠距離恋愛はその名の通り物理的な距離が遠い分、別れた後の復縁はそんなに簡単ではありません。

そもそも、近距離の恋愛でも復縁をすることは簡単というわけではありません。

しかし、この記事ではできるだけ実践的なやり方を挙げました。
順を追ってここに挙げた方法で進めていけば、復縁確率は上がるはずです。

是非この記事を参考にしていただければ幸いです。

不倫復縁.netおすすめ記事
復縁を叶えるための近道とは?復縁の可能性を高める方法とは?忘れられないあの人と復縁を叶えた人が読んでいる記事を紹介します↓

不倫復縁.netおすすめ記事
復縁を叶えるための近道とは?復縁の可能性を高める方法とは?忘れられないあの人と復縁を叶えた人が読んでいる記事を紹介します↓

復縁
不倫・復縁.net編集部をフォローする
不倫・復縁.net

コメント