ゴールデンウィークに不倫相手と連絡したり会ってもらうための口実

不倫

大型連休といえば世の中には楽しみにしている人も多いでしょう。
恋人と旅行に出かける人もたくさんいると思います。

しかし、不倫をしている女性にとって大型連休は必ずしも嬉しいものではありません。
週末や連休は不倫相手が家族と過ごすことが多く、なかなか会ったり連絡をとることができないからです。

普通の週末であれば2日我慢すればいいのですが、ゴールデンウィークともなればそうはいきません。
場合によっては1週間以上も会えない、連絡を取れないこともあるでしょう。

そんな寂しいゴールデンウィークを過ごす予定の不倫中の女性のために、ゴールデンウィーク中に彼と連絡を取ったり会ってもらえるための方法をお教えします。

 

友達のお見舞いに行くと言って出てきてもらう

友達のお見舞いに行くと言って、それを行くなと止める人はそうはいません。

相手の奥さんが知らない友達のお見舞いに行くと言ってもらって、家を出てきてもらいましょう。

ちょっとした罪悪感を感じる嘘ではありますが、ゴールデンウィーク中に会うためだと思ってお互い嘘を飲み込みましょう。

 

仕事で出社しなければならない日があると言って出てきてもらう

これは休みに入るしばらく前から準備をすることができる方法です。

しかも、毎日ではなくどこかの1日~2日、泊まりでなければ不倫相手の奥さんが怪しむ確率も低いでしょう。

気を付けるべきは、繁華街や人が集まりやすい場所だと知り合いと遭遇する確率が高いということです。
それだけ気を付ければ、今から予定を立てられる一番いい方法かもしれません。

 

急遽仕事でトラブルが発生したと言って出てきてもらう

休み中に会いたくなったのであれば、仕事のトラブルを理由に彼に出てきてもらいましょう。

しかし、この方法は多少リスクを伴います。
不倫相手の奥さんが会社のことをどれだけ知っているか、同僚のことをどれだけ知っているかによって、使える場合と使えない場合があります。
会社のことや同僚のことを知っていれば、怪しまれたり、ひょんなことからトラブルなど発生していないことがバレてしまう可能性があるからです。

彼に断られたら無理強いするのはやめた方が良いでしょう。

 

なかなか会えない友達に会うと言って出てきてもらう

実際に大型連休などには久しぶりに会う友達と飲みに行ったりすることもあるので、使いやすい方法です。

この方法を使うにはあらかじめ日にちは決めておいた方が良いでしょう。

久しぶりに会うのに、突然連絡が来てその日に会うなんていうことはなかなか無いからです。

彼が作る設定にもよりますが、デパートの物産展やデパ地下で何かしらをお土産として持って帰ってもらうと信ぴょう性が増して怪しまれることもないでしょう。

 

不倫相手の家族が出掛けている間に連絡をしてもらう

不倫相手の家族が出掛けている時に、会うのは難しくても連絡をくれるようにあらかじめ決めておくと良いでしょう。

普段の週末などには念には念を入れて連絡をくれない彼でも、ゴールデンウィークは特別対応をしてもらいましょう。

ちょっと電話で声を聞けるだけでもうれしいものですもんね。

 

不倫相手が男友達と会った後に連絡してもらう

彼の奥さんも知っているような彼の男友達と彼が会いに行くような場合、奥さんも安心して送り出します。

その日は怪しまれることもありませんので、彼が男友達と別れた後に連絡をしてもらうようにしましょう。

ただし、男同士で会うということは、ほとんどの場合お酒を飲み行くでしょう。
気心の知れた男性同士が飲みに行けばお酒もどんどん進みます。

酔っぱらってしまって連絡を忘れてしまったりすることもあるでしょう。
そんな場合は怒らずに許してあげてくださいね。

 

不倫相手の家族が寝た後にこっそり連絡してもらう

どうしても会ったり昼間に連絡を取ることもままならないのであれば仕方ありません。
彼の家族が寝たあとにこっそり連絡をしてもらうようにしましょう。

ただ、これをするには彼の注意力も必要です。
奥さんが起きてきたことに気付かずに電話をしていたりしたら、不倫がバレてしまう可能性もあります。

十分注意しながら連絡を取りましょう。

 

ゴールデンウィークに不倫相手と連絡したり会ってもらうための口実まとめ

ゴールデンウィーク中に不倫相手の彼と会う口実、連絡を取るための方法について紹介してきました。

しかし、無理に会って不倫がバレてしまうということだけは気を付けてください。

大型連休で彼と会えない・連絡を取れない寂しい気持ちは分かりますが、無理に会って不倫がバレてしまっては元も子もありません。

彼が上手く家を抜け出せない、上手くやれないというのであれば無理強いするのはやめておいた方がいいでしょう。

彼がその気であるならば、上に挙げた方法で彼と会ったり連絡を取ったりしてみてください。

コメント