既婚男性と付き合うことで感じる5つの問題点

不倫

既婚男性と付き合うと会いたいときに会えない

既婚男性と不倫をすると、あなたが会いたいと思ってもなかなかすぐに会うことはできません。
特に不満に思うのは休日でしょう。
相手は通常仕事をしているので、休日は家族と過ごす日ということになります。
子供がいればなおさら休日に会うのは難しくなるでしょう。

思うように会えないと寂しさや苛立ちも募ってくると思いますが、既婚男性は独身男性に比べてはるかに自由になる時間が少ないということを承知の上で付き合っていく覚悟が必要です。

あなたと会う時間が癒しになっているうちは良いのですが、あまりわがままばかり言っているとそれが相手にとって重荷になりかねません。
仕事や家庭でのストレスに加えて、不倫相手からもストレスを感じるようになってしまえばあなたと付き合う意味って何だろうと考え始め、最悪別れ話を切り出されかねません。

悔しいことではありますが、既婚男性と付き合うということは家庭を優先されるということを覚悟しなければなりません。
基本的には彼が会いたいと思ってくれた時に会う、というのが不倫の恋愛だと理解しておきましょう。

 

既婚男性と付き合うと友達との恋バナに苦労する

女性の友達同士で遊びに行ったり、食事をする際に欠かせない話題といえば恋愛話です。
なんの後ろめたさもない恋愛であれば、付き合っている彼の話で盛り上がることは間違いありませんが、不倫をしているとなると話は別です。

不倫をしていることを打ち明けたとしても、ほとんどの場合は反対されるでしょう。
たとえその時は好意的に受け止めてくれたような反応だったとしても、心の中ではあなたの人間性を疑い始めているかもしれません。
誰かに話されてしまったりすれば、噂が広がってあなたの知らない間に悪い評判が友達の間に回ってしまうことにもなりかねません。

不倫の恋愛を始めた時点で、友達とその話で盛り上がりたいという願望は叶わないと思った方が良いでしょう。
もし、その話で盛り上がりたいのであれば、同様に不倫をしているか不倫経験者と仲良くなるしかないと心得ましょう。

 

既婚男性と付き合うと一人になった時に孤独感がハンパない

大好きな彼と会っている時間、あなたはとても幸せな気持ちで過ごしていることでしょう。
二人でいる間に幸せを感じる分、家に帰って一人になった時に強い孤独感を感じることは想像に難くありません。

独身同士の恋愛であれば、家に帰ってもLINEでやり取りをしたり、電話で話して物足りない気持ちを埋めることもできます。
相手も一人だと分かっているので気軽に連絡も取れますし、孤独感を感じることは少ないのです。

しかし、不倫の場合はそうはいきません。
さっきまで一緒にいた彼が、家に帰れば子供と楽しく遊んだりしているのだろうか、、、奥さんの作った料理を食べて楽しく会話をしているのだろうか、、、想像をすればするほど孤独感は増していくのです。

そんな時はプラス思考でいることが大事です。
家に一人でいるということは考え様によっては誰にも束縛されず、好きなことができる自由な時間です。

下手に相手の家庭のことを考えるよりも、自分の趣味や仕事など、何か没頭できることを探して気持ちを紛らわせるようにしましょう。

 

既婚男性と付き合うと将来が不安になる

既婚男性との不倫は正直に言ってあなたの将来に対する不安を掻き立てるものでもあります。

いずれは結婚したいという気持ちは誰でも持っているものでしょうが、周りの友達が実際に結婚して子供を育てるようになってくると一気に現実として目の前に現れます。

しかし、大好きな彼には家庭があり、もし子供までいるようであれば、不倫関係にある彼と一緒になることはかなり厳しいと感じるに違いありません。

「いつかは別れるから」・「君と一緒にいたいと思っている」、このような言葉を彼の口から聞くこともあるかも知れませんが、気持ちは本当でも家庭を壊すには勇気も必要ですし、時間もかかるものです。

あなたが結婚を本気を考えるようになったら、将来を共にする相手に早めに会うために時間を使うべきではないのか、という現実と向き合うことになります。

不倫の恋が何も生み出さないわけではありません。
不倫だからこそ味わえる幸福感もあるでしょう。
反対に、不倫だからこそ得られないものもあるということに気付いた時に、「この時間は無駄なのではないか」という焦燥感に駆られるというのは不倫の恋の切なさです。

 

既婚男性と付き合うと罪悪感を感じる

不倫をしている女性はモラルが欠如しているのではないかと思われがちですが、全ての女性がそういうわけではありません。
本当にモラルが欠如している人なんていうのはほんの一部なのです。

たまたま好きになった相手が既婚者だったという人にとって、自分が存在するせいで傷つく誰かがいるという状況はとても辛いことでしょう。
中には最初相手に家庭があることを知らずに付き合ってしまった人だっているのです。

だからといって、好きになってしまった相手を簡単に諦められるほど人間は簡単ではありません。
「バレなければ誰も傷つけない」「私といる方が彼は幸せなんだから」などと色々と自分の行動を正当化しながら付き合っていくはずです。

しかし、ほとんどの人は同時にこのようにも思うはずです。
「このまま不倫関係を続けていていいのだろうか」
「もし自分の親にバレたらなんて言われるのだろう」
大事に育ててくれた親に対する罪悪感や、自分自身の行動に対する罪悪感を感じてしまうのです。

あまりに自分自身を責めすぎたりすると、精神のバランスや体調を崩してしまうことにもなりかねません。
そのような時は、相談相手を見つけたり、何とかして自分自身の心のバランスを取ることが大事になってきます。

不倫をするということは、大なり小なり罪悪感が伴うものだと理解しておいてください。

 

既婚男性と付き合うことで感じる5つの問題点まとめ

不倫をするようになるとどのような問題点が浮かび上がってくるのか、お分かりいただけたと思います。
これ以外にも、独身者同士の恋愛では思いもよらないことが起こることもあるでしょう。

しかし、好きになってしまったからには簡単には諦めたり、戻ったりできないのが恋愛というものです。

事前にどのような問題点が出てくるのか知っておくことで対処ができたり、あなたが受けるダメージを少なくすることができるはずです。

コメント