既婚者子持ちの彼との略奪婚のやり方!成功例を元に考察

不倫

子どもがいる既婚者と不倫をしている女性は、どうやって略奪婚をするか悩んでいる方もいると思います。
相手に子供がいない場合と比べると、子供がいる場合は略奪婚の難易度はとても上がります。

奥さんへの愛情は薄れてきていても、子供への愛情は独身の身からすると計り知れないものがあります。
子供のことを考えると奥さんとの生活に我慢してでも、子供を両親がいる環境で育てたい父親も少なくありません。

しかし、子持ち略奪婚に成功している女性も大勢います。

子持ち略奪婚をするには、抑えておくポイントがいくつもあるのです。

この記事では、子持ち略奪婚を成功させるやり方を解説していきます。

 

奥さんの悪口は言わない

子持ちの彼との略奪愛を成功させる人は、奥さんの悪口を言わない人です。
まず1つ目の理由としては、一度は彼が愛して結婚までした女性です。
いくら夫婦間の愛が冷めているとは言っても、やはり言われた方は気分が良くありません。
それに、悪口ばかり言っているとあなたの人間性を疑われることにもなりかねません。

2つ目の理由としては、愛する子供の母親だということです。
夫婦間での愛は無くしていても、やはり子供というのは最終的には父親よりも母親です。
子供が大好きな母親を悪く言うような女性にはいい印象を抱けないでしょう。

彼の方から奥さんの悪口を言うこともあるでしょう。
でもその時に、ここぞとばかりにあなたも奥さんの悪口を言うようではいけません。

話を聞いてあげて、相槌を打つくらいでいいのです。

あなたは悪口を言う方ではなく、受け止めてあげる方になるのです。

 

彼が自分で離婚するように仕向ける

略奪愛は彼の気持ちをあなたに向けさせ、離婚というハードルを越えてでもあなたと一緒になるために彼が動くように仕向けなければいけません。

あなたが奥さんと会ったり電話で話したりと、直接的な行動に出ることは厳禁です。
そんなことをしてしまえば、浮気をしていたことがバレてしまい、慰謝料を払うどころか彼との未来も危うくなります。

また、彼へのアプローチも必要最小限にとどめておきましょう。
しつこく結婚を迫ってしまうと、彼があなたのことを重い女だと感じてしまいます。

男性は離婚と親権についての調停をしなければいけません。
あなたの都合だけで感情的になってしまっては、彼の気持ちが離れる原因となってしまうのです。

 

彼と一緒にいることの幸せをアピール

不倫関係にある女性は、関係が長く続くと相手の男性に不倫関係にあることの愚痴や不満を言うようになりがちです。

基本的には奥さんや子供を優先しなければならず、あなたのことを優先することはほとんどありませんので気持ちは分かります。

しかし、愚痴や不満を口に出すよりは、彼と一緒にいるときの幸せさをアピールするようにしてください。

肯定の言葉から発することができるようになれば、人間的な魅力も上がります。
そして、一緒にいて幸せだとアピールされると彼もとてもいい気分になります。

夫婦仲が冷めていれば家庭では褒められることは少なくなる反面、文句を言われる回数は増えていることでしょう。

反対に彼があなたと一緒にいて幸せだと思ってもらえるように、あなたは言動に注意することが望ましいのです。

 

ちゃんとお金の話をして安心させる

不倫相手の彼があなたへ強い愛情を持っていて、将来一緒になることを考えていたとしても、お金の心配があって離婚へ踏み切れない場合もあります。

男性は離婚をすると、奥さんへの慰謝料がかかる場合もありますし、これから子供を育てるためのお金や親権が母親であれば養育費がかかります。

それらを考えると、金銭的にあなたを幸せにすることができるのだろうかと考えてしまうのです。

普通は彼と一緒に住むことを決めてからお金の話をすることが多いと思いますが、早めにお金の話をしておいて、彼の離婚で生じる出費を支える覚悟があること、可能であれば金銭面でも助ける気持ちがあることを伝えておいた方がいいでしょう。

できるだけ不安を取り除いて、彼が奥さんと離婚をしやすくするようにするのです。

 

彼の子供には愛情を持って優しく接する

彼の子供に会う機会があれば、愛情を持って優しく接するようにしましょう。
彼と奥さんの子供だと考えると、ある種の抵抗感を感じる女性もいると思います。

しかし、そこは気持ちをグッと抑えて可愛がってあげてください。
子供を可愛がっているあなたを見て、彼は「子供を大切にしてくれる人だ」と思うはずです。
もっと言えば、あなたとの子供を欲しいとさえ思わせることができるのです。

彼の子供だけではなく、彼と一緒にいる時に子供と接する機会があれば同じようにやさしく接してあげることを心がけてください。

男性は家庭的で、慈しみ深い女性を伴侶に選ぶ傾向があります。
ましてや、子育ての大変さや親として子供への愛情を知っている子持ちの男性ならなおさらなのです。

 

既婚者子持ちの彼との略奪婚のやり方!成功例を元に考察まとめ

既婚者子持ちの彼とであっても略奪婚は可能です。

子持ちだということはそんなに難しく考えずに、まずは彼の気持ちを離婚へ向かわせることだけを考えましょう。

そのためにはあなたがしつこく離婚を彼に促す態度を取るのではなく、彼があなたと一緒にいると幸せだと感じられるような態度を心がけましょう。

離婚をした時には、ほとんどの場合は母親に親権がいきますが、万が一彼が親権を取る場合もありますのでそれだけは覚悟を持って略奪婚をしてください。

愛する彼との略奪愛を目指して、ぜひこの記事の内容を参考にしていただければ幸いです。

 

・外部リンク
「不倫恋愛」にハマりやすい人の特徴5選

コメント